更年期の疲労感・倦怠感の原因を受け入れ、改善していく方法をご紹介します。


トップページ 年齢による更年期の症状 更年期に必要な食生活 更年期の日常生活 
不安感と無気力
更年期のめまい 男性の更年期障害 高品質「マカ」とは?


女性ホルモンの一時的な乱れ


誰にもわかってもらえない更年期の疲労感・倦怠感。

なった人にしか、このやり場のない辛さはわからないと思います。

原因が何なのか?
なぜ?やる気が起きないのか
やらなければならない事はわかっているのに、体が動かない
疲れがいつまでも取れない
動悸・息切れがひどい
めまい、吐き気がする


など、多くの女性がこの原因不明?の症状に悩まされています。

しかも、周りからみると「なぜあの人はいつもボーッとしてるの?」のような見られ方をされてしまいがち。

本人は辛くて休んでいるのに、それを理解してもらえないもどかしさ・・・。

しかし、この更年期特有の疲労感・倦怠感にはちゃんとした理由があるのです。


女性の体には、年齢と共に節目があります。

それが、「初経」 「妊娠」 「出産」 「閉経」。

卵巣からは、初経を迎えた時から女性ホルモンが徐々に分泌されます。
妊娠・出産が可能な時期には、卵巣は女性ホルモンを活発に分泌させます。

その後、早い人で30代半ば〜40代前半からは卵巣機能が低下し、やがて閉経を迎えるわけですが、この閉経前後の10年間を更年期と呼んでいます。

この時期は、卵巣からの女性ホルモンの分泌量の変化に伴い、体のいたるところに症状が現れるのです。

その後、初老期になると女性ホルモンはわずかにしか分泌されませんが、そのころになると体が女性ホルモンが少ない状態い慣れてしまい、更年期に感じた倦怠感・疲労感などの症状は薄れていきます。


日本人女性の閉経を迎える平均年齢は50歳。

つまり、この前後10年間である、45歳〜55歳までが更年期です。

更年期の疲労感・倦怠感の原因は、若いときに女性ホルモンを活発に分泌してきた体が、閉経前後の女性ホルモンの減少に戸惑って、体内のリズムを狂わせているわけです。

従って、決して人生に疲れたからとか、怠け者になったわけではありません。

更年期の症状には個人差がありますが、7割以上の女性が更年期の疲労感・倦怠感を感じているのです。

決してあなた1人だけの症状ではないんです。



外貨預金